Bin-Heart(とある美容室のブログです)
RSS

素直に、頑に、純粋に

カテゴリ : ETC
世の中には、色んな理論が存在します。


本来理論とは、結果に対する筋道を説明する事


でしょう?


でも、考えてみて下さい。


○○すれば、こう成る。


○○が入っているので、こういう結果に成る。


そういう理論が多過ぎる。


アインシュタインの相対性理論ですら、予測に過ぎない。


予測出来る知識を得た上で、○○なるであろう!


と言うのも、悪くはありませんが、


誰もが納得出来る理論とは、


「結果があって、理論がある。」


だと思っています。




まずは、結果が先なんです。


結果が出たから、理論建ててみた。


上手く行かなかった・・・じゃ、こうやってみた。


上手くいった。




いくらもっともらしいウンチク言っても、


結果が出なければ間違っているんです。




全てに言える事ですが、結果を出せる人が正しい。






例えばね、今日もお客様と話しをしている時に気付いたのですが、


頑張って仕事をしたり、スポーツをしたり。


やっている本人は、


「出来る事だけやっていたらダメだ。負荷をかけないと。。。」


って思ってやっているんです。


まさしく頑張っている状態。


でも、その結果、


ケガをした。


病気になった。


そうしたら、周りの人は何と言いますか?


「無理をするから・・・。」


でしょう?




でもね、反対に、


健康になった。


商売が上手くいった。


周りの人は、


「頑張ってるもんね。」


「見習わないと・・・。」




このふたつの違いは何でしょう?


やっている事は同じなんです。


ただ、結果が違っただけ。




やっている本人は、


自分は、頑張っているのか?


自分は、無理をしているのか?


やっている最中は分かる筈も無い。


スポーツだって、負荷をかけ続けなければ実らないし、


仕事だって、出来る事ばかりやって、挑戦しないと怠けている人になる訳です。


でも、結果次第で、「善」にも「悪」にもなってしまう。




この両者の違いは、結果が違っただけ。


そんなの、結果が出ないと分からないという事。




要するに、結果が全てなんです。




良い結果を出した人が正しかったし、


悪い結果を出した人は間違っていた。


あえて過去形にしているのは、この先は分からないから(笑)




その経験を経て、未来の結果はどうなるのかなんて、誰にも分かりませんから。


どんな結果が出ても、受け止め方で未来は変わります。


そして、死ぬまで個人としての結果は出ないんですよね。


あえて個人としたのは、


死んでから芽が出る人も過去には沢山いらっしゃいますので。






私が言いたいのは、


「挑戦している人の結果に、良いも悪いも無い。」


と言う事です。


真似をする事も出来ないのに、蚊屋の外で批判したり批難したりする人。


評論家とか、机上の理論を振りかざす人。


そんな人の言う事に耳を傾けたら、同人種になってしまいますよ。


頭でっかちな・・・。




結果がどうであれ、


「挑戦している人は正しいし、美しい。」


私はそう思っています。


結果、世間から見て良く無かったとしても、


拍手を送るべきだと思うんです。




素直に。


頑(かたくな)に。


純粋に。




理論は結果から生まれるけれど、


正しいか、間違いかじゃ無いんです。


そんな物差し、要りません。


素直に、頑に、純粋にやっている人は素晴らしい。


それだけで、それが全て。

ブログ更新しようっと。

カテゴリ : ETC
気がつけば、えらい長い間更新していなかった。。。


実は、ブログは更新していないだけで、いっぱい書いていたりします。


自分はスターではないので(当たり前ですが)、


こんなの食べました~とか、こんな事しました~、、、とか、


・・・で?


って言うようなブログは書きたく無いんです。


誰も喜ばないでしょう(笑)




なので、何か為になるような内容で・・・と思っていたのですが、


昨年、結構更新していたら、月間8万アクセスになっていたので、


申し訳なくて、あまり更新出来なくなってしまいました(汗)




まぁ、イヤな方は読まれ無い訳ですので、それでも良いのかも知れませんが、


な~んか、まとまりが無い気がしまして。。。


そうこうしているウチにも、月日が流れますね~。


まっ、何も答えは出ていませんが、


やっぱり読んで下さる方がいらっしゃる限り更新して行こうなんて思っています。


それにブログを書くと、結構アタマの中が整理される気もします。






今やブログと言えば、市川海老蔵さんですね。


アメブロのコマーシャルにも出演されていますが、


1日に何十回も更新されているようですね。


一瞬たりともスマホから手が離れないらしく、


会見や、イベントに参加するときは自分や、取材陣の写メを撮りまくりだそうです。




実はね、ブログのアクセス数によってギャラが入るようですよ。


1位の海老蔵さんクラスになると、そのギャラが月間360万円くらいだそうです。


月間の歌舞伎の出演料が600万円くらいなので、副収入としては結構オイシいですよね。


この分だと、まだまだブログ熱は冷めそうに無いようです。




でも、受け身のテレビと違ってブログって、


アクセスして積極的に自分から読みに行かれる訳です。


月間、億単位のアクセスがあると言う事は、


何らかの影響を与えていらっしゃる訳ですよね。


まぁ、自分たちと違う世界を見れるという好奇心もあるでしょうけど、


間違いなく、ユーザーとの距離感は縮まっている筈です。


そして、面白く無ければ、きっとそれだけのアクセス数を集める事は出来ない筈。


・・・私は読んだ事ありませんので想像ですが。。。




素直に見習おう。。。って思いました(笑)


そのうち何か見えてくるかも知れませんしね。


STAP細胞はあるの?

カテゴリ : ETC
STAP細胞についてですが、あなたはどのように思っていますか?


私は、iPS細胞とSTAP細胞の違いも良く分かっていないズブの素人ですが、


見解としましては「あるんじゃ無いかなぁ~」と、思っています。


ハーバード大学の教授も、そう言ってますしね。




おそらく、小保方さんは、世紀の大発見をされたのでしょう。


その発見は、一部の権力者からすると不都合な発見だったのかも知れません。




そもそも、マスコミの猛攻撃が不自然なんですね。


意図的に、潰そうとしているとしか思えない。


報道を観ていて、「何だか納得のいかないなぁ」って時、


「怪しい、何かある」って思います。


それに、あまり個人を攻撃するのは如何でしょう。


いつ、ターゲットにされるか分かりませんよ。






例えば、たかじんの「そこまで言って委員会」って番組ありますね。


まぁ、タイトルがタイトルだけに、ギリギリの情報をトークしているようですが、


レギュラーだった、勝谷氏が突然の降板。


今でも番組は放映されておりますが、


韓国がどうとか、朝鮮がどうとか。。。


ガチャガチャ言ってるだけで、何の真新しい情報も無い。


東アジア情勢が緊迫するのは大歓迎でしょうから。


勝谷氏の降板は、何故だと思います?


触れてはイケない団体、組織に触れてしまった。。。。


それで即、降板だったようです。


まぁ、あれらの組織は、


芸能界と言うかメディアには絶大の影響力がありますから。


芸能界を追われた人も居ますもんね。




本当のことを言うジャーナリストは、テレビには出れなくなります。


と言う事は、


今、頻繁に番組に出ている人(○○アキラとか)は、


上手く本当の事を言わずに、視点をずらしている訳です。


だから、出して貰える。


ポロッと言わないあたりは、めっちゃ賢いんでしょう。


だから・・・テレビって面白く無いんですよ。




世間で流れている情報を鵜呑みにして、大手メディアと一緒になって批判していたら、


知らない間に、”いじめ”に加担しているコトになりかねません。


「少数派が正しい」んです。


これは、また今度(笑)






ところで、もし、小保方さんがキレイな女性じゃなかったら、、、


また、違った展開になっていたでしょうね。








ヘアカラーでカブれたようです

カテゴリ : 美容関連
「失礼を承知で・・・」と、お客様からメールを頂いて、


ちょっとメールでは解決し難いので、先ほど電話で話しました。


3月は皆様なにかと行事がありますよね。


この方も、予約の電話を頂いたのですが都合が合わず予約が取れなかった。


なので、近所のサロンへ毛染めをしに行かれたそうです。


それも、「草木染め」というフレコミだったので・・・。




ところが、頭が痒くて仕方が無い。


皮膚科に行って「カブれてますね」と言う事で、ステロイドの塗り薬を貰って帰ってきた。


3日目ですが、まだ痒くて仕方が無いそうです。


「やまださ~ん、、、、」と、今にも泣き出しそう。。。


ジアミンアレルギー?を疑ったのですが、話しを聞いていると、


どうかなぁ~?というところです。




少し思う所がありますので、その事について書いてみたいと思います。


・カラー剤をベタベタに付けていた。


・シャンプーがゆるく、スッキリしなかった。


・5時間ほど経って、痒くなってきた。


・頭を掻くと、爪や指先が黒くなった。


・2回ほどシャンプーしたが、掻くとまだ黒くなる。


・美容室に問い合わせたが「たっぷり塗っているのでそうなりますよ。」と言われた。


・診断書を貰ってきて下さいと言われた。


・「ラウレスの入ったシャンプーで洗っている人は、そう言う事がある。」と言われた。


大まかに、このような内容でした。




話しを聞く前に、


「ベタベタに付けていたのでは?」


「シャンプーは、寝て洗うタイプじゃなく、斜めに倒れる位のシャンプーだったでしょ?」


と、私が言ったので「なんで分かるんですか?」と。


やっぱり〜。




まず、ベタベタに塗ってはイケません。


頭皮に良いモノなら良いのですが、決して良いモノではないんです。


なので、出来るだけ地肌には付けない方が良い。


白髪染めなどでは、どうしても頭皮から塗布しますが、


必要以上に頭皮に乗せるのはトラブルの元です。




それと、バックシャンプーと言うのですが、


美容師が後ろに回り込んで洗うタイプ。


お客様のメリットとしては、首に負担が少ない。


美容師のメリットとしては、中腰にならないので、腰を痛めない。


ただ、スッキリ洗えない。


バックシャンプーでも、美容師さんによってはキッチリ洗える人も居るでしょうけど、


私の経験では、水圧も弱く、頼り無い感じです。


私は好きじゃないので、従来からあるサイドシャンプーを採用しています。




掻くと爪に黒い物が・・・完全に洗い残しだと思います。


たっぷり塗ったので・・・???どんな言い訳や?


たっぷり塗っても、しっかり洗ったら残らんやろ?




ラウレスの入ったシャンプー使っていると???


これも、、、訳が分からん?


ラウレスはラウリルより優しいと思うのですが。。。


それに、ラウレス使っていると毛染めした時に痒くなる?


聞いた事無いですな〜?




まぁ、かなりひどい美容室だと思います。






結論的には、


薬剤を過剰に塗布した & シャンプー時の洗い残し。


薬剤がいつまでも頭皮に付いている事によってカブれたのかな?


という事が考えられます。


症状的に、ジアミンアレルギーじゃ無いような??


それなら良いのですけどね。。。




とにかく、「ハゲる事は無いよ」という言葉に安心していました(笑)

分からないから、色々考えてしまうんですね。




どんな薬剤を使っていたのか知りませんが、


同じ薬剤を使っていても、ようするに使い方次第です。


ハーブとか、草木染めとか、オーガニックとか、


色んな薬剤のフレコミはありますが、


やっぱり誰に任せるのか?


「人」だなぁ~と思います。


しっかり、人を見て選んで下さいね。




断食すると、何を考えるのか?3

カテゴリ : ETC
色んな事をする度に思うのですが、


やっぱり考え方には何通りもあるなぁ~と思います。


同じ断食という行動でも、


「食べてはイケない」=「食べなくても良い」


この意識の違いは大きいですよね。


意識して、○○って思おう。。。と言うのではなく、


初めから、自然にどちらかの考え方を持つんです。


全員がどちらか一方じゃないんですね。


これも人それぞれで面白いです。


断食する・・・って言うと、


ものスゴく大変な事をするかのように反応する方がいらっしゃいますが、


何かをやる訳じゃ無く「食わないだけ」ですよ。


考えてみたら、こんなの出来ない人は1人も居ないでしょう。


「○○をする」のなら、能力的とか、色んな差があるので出来ない人は居るでしょうけど、


「食べない」は、行為としては誰にでも簡単に出来ると思うんです。


ただ、本能的に、


「食べれない」=「死ぬ」


コレは、DNAに刻まれているでしょうね。


こいつと戦わないといけませんね。


そもそも、このDNAを刺激する為にやっている断食ですから、


コイツが出て来ないと意味ないですからね。


それに、いつでも食べる事が出来るモノが、私たちの身の周りに溢れています。


イザとなったら食ったら良いんです。






結局、


「食べてはイケない」と考える人。


「食べないだけでしょ」と考える人。


前者は「制限」ですが、後者は「許可」なんだと思うんです。


だから、


前者はシンドイ、けど、後者は楽チンなんです。


「酒」飲んでるし「ちょっとおつまみ」も食べてる。って言うと、


「アカンやんっ!、何にもなれへんヤン!」って言われます(汗)


それとか、


「それは、エエの?」とか。。。




この反応は、前者の「制限」の考え方ですね。


後者の人は、この話しを聞いたとき、


「面白そう、やってみようかな?」って思うかも知れないし、


「自分は、とりあえず昼食を抜いてみよう」って思うかも知れません。


これは許可的な発想ですね。


「許可的な発想」・・・コレ、気に入りましたので太字にします(笑)




だから、今の僕のやっている絶食は、あま甘の絶食です。


「酒」OK、ちょっとくらいの「おつまみ」OKですから。


私のモットウは、


「無理をしない」 「チカラを入れない(頑張らない)」


それでいながら、常に挑戦する。


許容範囲を少しでも広げる。


自分を試してみる。




こんな感じです。


誰に迷惑をかける訳でもなく、誰に褒められる訳でもない。


ただ、やった事の無い事をやると、


「あっ、自分ってこんな時、こういう風に考えるんだ!」


って発見があります。


それが面白いんですよ。


そう考えると、普段生活している中で、自分に挑戦する機会ってものスゴくあるんじゃ?


他者との比較じゃ永遠に幸せになれませんからね。


自分との戦いしかありません(キッパリ)


と言いながら、あま甘なルールだったりします。


訳が分かりません、、、かね?






と言う事で、手軽に、お金もかからず、簡単んに出来る


「プチ断食」やってみて下さい。


1日でも良いですからね。


「1日何も食べなかった」なんて人、日本では少ないですから。


オススメしますよ~。




ところで、


私はあと、何日やろうかなぁ~、期限決めてないし(汗)


なんかねぇ~、最近分かってきたのですが、


根っから、硬っ苦しいの嫌いなんですよ。


「期限」決めたり、「目的」決めたりするのってシンドイから嫌。
   ↑
・・・経営者として、めっちゃ、アカンやろっ!


って、言いました?(汗)


良いんですよ(^・^) 


しゃ~ないモン、きっと何とかなりますって(笑)






ちなみに、断食中の飲酒ダメらしいですよ(注)








前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ