Bin-Heart(とある美容室のブログです)
RSS

動いてますよ、このフグ。。。

カテゴリ : ETC
忘年会はお済みでしょうか?


先日、友人との忘年会は「河豚(フグ)」の専門店だったのですが、


「焼き」とか、「てっちり」の時に持ってきてくれた切り身・・・


動いてるんですよ~


何度か、てっちりを食べに行った事はありましたが、


こんなに動いてるフグを見るのは初めて。


焼くのに七輪に乗せても動きまくり(汗)




ハッキリ言って「キモい」。




こんな話しをお客様にすると、


「先生、高級なの食べてるんやねー」って言われるのですが、


キモ・皮・テッサ・焼き・唐揚げ・鍋・雑炊・飲み放題


このコースで1人、8,000円でした。


そんなに高くは無いでしょ?




それにしても、どんなサバキ方したら、こんなに動けるんだ?


痙攣か?


なんか、職人を感じる。


見てみたいなぁ~




「ほこ X たて」終了かぁ〜

カテゴリ : ETC
好きな番組で「ほこxたて」と言う物がありました。

それぞれがプライドを賭けて対決する。

観ていて、双方に拍手を送りたい。

そんな番組でしたが、放送中止になったんですね。

ラジコンの対決で、不正があったとか。。。

出演者の方が講義をしたようです。

可哀想なのが、その他の出演者。

本当に対決していたのかも知れないのに、

自分たちの対決まで「やらせ」ではないか?

と、疑われてしまいますよね。


素人で、真剣にプライドを持って仕事をされている方を使って、

結果を偽ったり、面白いように演出したり。

この人たちは何を考えているんでしょう?


確かに、「生放送」なんかを観ると、

いくらベテランの芸人であっても、グダグダになっています。

編集のチカラはスゴいなぁと関心していたのですが、

事実を上手く編集して欲しかった。

対戦しても居ない相手だったり、出演者の方が怒っても当たり前でしょう。


この件では、出演者の方にも誹謗中傷があるようです。

私、思うのですが、インターネットを通じて、チカラのある企業や、

組織を批判するのは仕方無いとしても、

素人の一般人をターゲットにしないで欲しい。

それも実名を隠してね。

個人を攻撃するのなら、少なくとも自分を公表するべきでしょう。

アンフェアだと思いますよ。


それにしても、残念です。

暴露した方は、その前に忠告していたようなんですが、

聞き入れてもらえなかったようです。



この件だけではないのですが、「ナメてる」って言葉が当てはまると思うんです。

どんなことが起きても、私が思うのは「ナメてた」って反省なんです。

出演者の声を無視して放送した結果、放送中止。

更に、関西テレビに対しての信頼の低下。


今まで当たり前のようにしてきた事が、通用しなくなって来たようですね。

多分、自分の行動も、思考も変えなきゃいけないんだと思います。

批判する事は簡単ですが、自分に置き換えた時、

ありがたい事に、気付かせてもらっているんでしょうね。

「対岸の火事」じゃ無いんだと思います。


BINも、22歳になりました

カテゴリ : ETC

食品の偽装問題で話題になっていましたね。

 

ひとつのホテルを皮切りに、私も、私も・・・と(笑)

 

どさくさにまぎれてしまった方が良いだろう!と言う事でしょう。

 

 

まぁ、良く無い事ではありますし、それなりの料金を頂いている訳ですから、

 

襟を正して頂きたいと思います。

 

 

しかし、エビが何エビだろうと、食べても分からないモンらしい。

 

調理する人が一流なら、食材の欠点を補った料理をされるでしょう。

 

一流ホテルのレストランで食事をする時、実際の料理だけじゃなく、

 

雰囲気、空気、サービス、器、フォーク、ライト・・・

 

それらが全て料金に入っている訳ですから、

 

考えてみたら、エビの種類なんて微々たるモノだと思うんです。

 

多くの要素の、ひとつだけをとりあげて「許せない」「騙された」と

 

怒るのは、いかがなものか?と思うんです。

 

 

まぁ、社長の会見も潔く無かったですけど。

 

社長からすると、ハッキリ言って「タイミングが悪かっただけ」でしょうけどね。

 

なんでオレの時に・・・でしょう。

 

誤標記なんて、国民の誰ひとり思ってない訳で、

 

潔く、「自分の管理が甘かった。以後、改めます。」と辞めれば良かったのに。

 

大きな会社がバックにあるので、そうは言えなかったのでしょう。

 

 

私たち美容師は、失敗する事もあります。

 

薬剤が合わなかったので、髪に大きなダメージを与える事も。

 

最近、ご新規のお客様の担当をさせて頂く事も多くなったのですが、

 

ひどい状態の方が多いんです。

 

死んでいる髪

 

どのような状態化と言うと、

 

濡れたら、へにゃへにゃで、淡くとグシュグシュ、バリバリ。

 

ブローなんて出来る状態じゃありません。

 

その状態を、クセが伸びていないと勘違いされて、

 

もう一度、そのサロンへ行くと、もう一回縮毛矯正をされた。

 

結果は言うまでも無く・・・。

 

 

あくまでも私の経験ですが、そういう残念な結果に成ってしまった時は、

 

素直に謝って、改善させてもらえるように施術し、料金をお返しする。

 

そして、何度でもトリートメントにお越し頂くとか、誠意のある対応をすると、

 

より深く、長くお付き合い頂く事が多いです。

 

 

失敗は無いに越した事は無いのですが、絶対という言葉は存在しませんからね。

 

失敗も、「過ぎる」失敗と、「足りない」失敗があります。

 

私は失敗するなら、「足りない」失敗を心がけています。

 

パーマがあたり足りない、縮毛矯正が伸び足りない。

 

こちらは、やり直せば良い訳です。

 

「出来るだけ傷めないで、パーフェクトなデザインを目指す。」

 

 

髪は、傷めたら元には戻りませんからね。

 

 

ただ、ご新規のお客様で、そういう状態の方がお見えになった時、

 

「どこで?」とは絶対に聞きません。

 

明日は我が身かも知れませんし、全く興味がありませんから。

 

そんな事を考えるより、

 

目の前のお客様がどうやったら簡単にスタイルを作れるようになるか?

 

そちらに全力を尽くしたいと思います。

 

 

偽装問題から、色々考えさせられました。

 

今日は、BINの22歳の誕生日です。

 

お一人おひとりと、向き合って・・・

 

これからも、正直に、更に精進出来るよう努めて行きたいと思います。

 

 

 

2013-11-10 16:45:57

パーマの種類・・・今はコレがベスト

カテゴリ : 美容関連

パーマ剤・カーリング剤の種類には色々あります。

 

パーマ剤は医薬部外品で、カーリング剤は化粧品登録になります。

 

チオグリコール酸(医薬部外品)、

 

システィーン(医薬部外品)、

 

亜硫酸[サルファイト](化粧品類)、

 

システアミン(化粧品類)、

 

チオグリセリン(化粧品類)、

 

ラクトンチオール(化粧品類)、

 

・・・

 

大別して、医薬部外品と化粧品とに分かれますが、

 

化粧品だからダメージが少ない訳ではありませんよ~。

 

私は、以前、そんな風に考えていました。

 

pHが中性で、キューティクルをコジ開けずに作用するので、

 

髪は傷まないかと。。。思っていたし、

 

ホームページでも、そんな風に書いた覚えがあります。

 

・・・書き直さねば・・・(汗)

 

 

 

薬剤の持つ作用について、

 

メリット、デメリット、作用、副作用などという言い方をしますが、

 

視点を変えたらメリットもデメリットになるし、作用も副作用になります。

 

重要な点は、

 

実は、薬剤には作用しか無いと言う事です。

 

チオグリコール酸でいうと、

 

・還元作用がある

 

・ダメージを与える

 

・サビを落とす

 

・脱毛

 

の、作用があると言う事です。

 

使い手が、それを理解して使えば良い事です。

 

だって、使う側からすると、パーマネントウェーブをあてる。

 

動物の毛を脱毛する。

 

二つとも作用ですからね。

 

決して、副作用を利用して仕事をされている訳じゃありません。

 

 

服用する薬も同じです。

 

全てが作用だと認識した上で考えた方が分かり易いと思います。

 

ガンには効くけれど、髪の毛が抜けて目から血が出る。

 

逆の言い方をすると、

 

目から血が出るけれど、ガンには効く。

 

同じ意味ですが、どちらを先に持って来るかでニュアンスが大きく変わるモンです。

 

また、脱線してしまいましたか?

 

 

 

話しを戻すと、

 

化粧品類だから安全では無いと言う事です。

 

システアミン・ラクトンチオール・・・粒子が細かいらしい。

 

だから、キューティクルをコジ開けずに内部に潜入する事が出来ます。

 

が、内部組織を壊している節があります。

 

私の経験上、お客様の経過を見ていると、そう感じました。

 

繰り返していると、だんだん傷んで来るんですね。

 

 

それに、美容師の手の内部にまで潜入して来ます。

 

自然界の物じゃなく、分子が細かいらしいので、

 

肌のバリアをすり抜けて行くようです。

 

指がいつまでも臭いし、指が腫れる。

 

グローブをしていても、グローブさえ通り抜けて来る。

 

浸透力が強いという言い方も出来ますけどね。

 

忙しい時、手袋をちょっとサボったら、手が全体的に浮腫みます。

 

 

以前、チオグリコール酸での縮毛矯正が多かった時、

 

私の指の爪は剥がれて、爪の半分くらいまで隙間が空いていました。

 

その間に小さな髪の毛が入り込んで、取り除くのに苦労した覚えがあります。

 

 

システアミンという化粧品類の薬剤。

 

表示種別は、トリートメントなんかだったりします。

 

それにしても異常にクサい。

 

濡れると、きついニオイを発します。

 

結構、いつまでも。。。

 

この薬剤を使った縮毛矯正をしていた時は、

 

お客様に申し訳なくって(汗)

 

しかし、チオグリコール酸のダメージに比べたら、当時は良かったんですよね~。

 

 

髪質によっても残留するニオイの度合いも違いますが、

 

このニオイを除去する商品を見つけたのですが、

 

廃盤に成っていました、、、というか会社が無くなってた?

 

 

パーマの行程では、還元・酸化という作用を使っているのですが、

 

システアミンやラクトンチオールは、分子が細かすぎて、

 

内部まで浸透するのですが、酸化させる薬剤(2剤)の分子は、

 

そこまで細かく無いので、

 

内部に薬剤が残ってしまう事が、ニオイの元らしいです。

 

いわゆる、残留ですね。

 

ニオイが残る=残留

 

ヘアカラーにしても、パーマにしても、

 

しばらくニオイが残っていると言う事は、残留している。

 

と考えて良いかと思います。

 

 

 

要するに、化粧品類だからといって、髪を傷めない訳じゃありません。

 

逆に、もっと危険な部分もあると言う事です。

 

システアミンなどは、アレルギーを引き起こす原因にもなるようですし。

 

ただ、細かい理論は、製造メーカーも良く分かっていない。

 

というのが実状だと思います。

 

弊害は、長い年月をかけて、後から出て来るモンですからね。

 

 

更に、私の美容師としての意見ですが、

 

カーリング剤(システアミンやラクトンチオール)であてたパーマはエグい。

 

柔らかな、自然なカールではなく、融通の効かない、不自然なカールになってしまいます。

 

私が求める自然な、「柔らかさ」と「優しさ」を求めると、

 

今は、カーリング剤に魅力を感じません。

 

・・・

 

今、現在の結論では、

 

システアミンは、完全アウト。

 

チオグリコール酸は、余程の事が無い限り使いたく無い。

 

実際、1年くらい使っていません。

 

ラクトンチオールは、縮毛矯正では有りだったんですが、今は使いたく無いかなぁ。

 

残るは、システィーンと、サルファイトですが、

 

私は、システィーンがベストだと思っています。

 

「進化したシスティーンパーマ剤」

 

pHが高いという特徴がありますが、pHさえコントロールすれば、

 

ダメージも極少なく、弾力のあるキレイなウェーブが得られます。

 

上手く行けば、柔らかく、優しいのにしっかりしたカール。

 

上手く行かなかった時は、私のミスだと思えます。

 

決して、薬剤のせいじゃない。

 

それほど信頼出来る「シス」に出会う事が出来ました。

 

パーマが楽しくなりました。

 

この薬剤を作られた方は亡くなりましたが、

 

ありがとうございました!!

 

届くかなぁ~?

 

続)何を信用しますか?

カテゴリ : 美容関連

以前、表示指定成分しか表示しなくて良かった時代、

 

それ意外の原料で構成された商品は、裏面が真っ白で、

 

「天然成分100なので何も書かれていないでしょ?」と堂々と言っていた。

 

その商品は今?

 

カタカナのオンパレード(笑)

 

モチロン、防腐剤はパラベンじゃなく、フェノキシエタノールです。

 

 

今現在でも、原料が安定する目的で使われているものに関しては

 

表示する義務はありません。

 

と、言う事は、原料にパラベンを使っていても、表示されない訳です。

 

そして、医薬部外品に関しては表示義務無し。

 

なぜか、「メリット」というシャンプーは医薬部外品なんですよね~?

 

 

そしてひとつ前の記事のように、結局はそれらを見ても良く分からない訳です。

 

 

そうした時に、何を基準で選択したら良いのか?

 

って事になって来ると思います。

 

 

 

結局は、「人」かなぁ?と思っています。

 

企業も人で成り立っています。

 

企業理念という言葉は、あまり好きではありません。

 

後付けが多いように思えるんですね。

 

どんなに小さな企業でも、「理念が大事」と、理念を掲げます。

 

カッコイイ理念は沢山ありますね。

 

確かに、原点に戻るには「理念」は、あれば良いとは思うのですが、

 

話しをしたり、行動を見ていると、その理念とは、ほど遠い人がいっぱい居ました。

 

 

私が感じるのは、

 

本物は黙って、独りきりでも動きます。

 

人を操る為に理念を掲げません。

 

そこにあるのは、

 

薄っぺらな「理念」じゃなく、

 

強固な「信念」だと思うんです。

 

現実的には、ものすごく難しい事。

 

「信念」で飯を食って行けないかも知れません。

 

だからこそ、信念を持ってかたくなに仕事をしている人を応援したくなるんだと思います。

 

みんな、理想では、そうしたいんだと思うんです。

 

 

人それぞれ、企業それぞれ、皆ストーリーがあるハズなんです。

 

 

ストーリーは作るモノではなく、歩んできた道だと思います。

 

歩んだ後に出来るのがストーリーかな。

 

歴史と似ていますが、そこに「思い」が入ってストーリー。

 

勝手に解釈していますので、調べないで下さいね~。

 

 

ストーリーがとても重要だと思っています。

 

だから、結果だけを真似しても上手く行かない。

 

一瞬、上手く行っても続かない。

 

そこにストーリーが無いから。

 

流行っているから、今売れているから・・・。

 

手段、テクニック、方法、、、これをいくら真似しても。。。

 

オリジナルには勝てないんです。

 

そこそこは売れるし、儲けになるでしょうけど。

 

そういう二番煎じの企業の商品を扱う店があるとしたら、

 

結局、オリジナルの店には成れないと思います。

 

 

オリジナルには、真似した商品には無い、

 

エネルギーやパワーがあって、一部の人はそれを感じているんです。

 

 

まとめますと、

 

「人」にフォーカスし、信用出来るかどうか?

 

多くの場合、発売されている商品を見れば、企業の姿勢が分かるのですが、

 

私は、気になった商品があったら、ルーツを探りたくなります。

 

どういう経緯で、どういう人が作ったのか?

 

オリジナルの何かが出来る時、そこに必ずストーリーがあると思うんです。

 

私は、、、と言いより、ほとんどの人がそのストーリーを重んじているんじゃないかな?

 

どうしても、売ろうとすれば、売られる側は構えます。

 

でも、自分が感動したり、共感したストーリーを紹介すれば、

 

そこには、無機質な「モノ」じゃなく、「人の想い」が入っているのでは無いかと。。。

 

そして、商品もそうですが、

 

どうせ買うなら、思いのある人から買いたい。

 

たとえ、少しぐらい高くても。

 

それはなぜか?

 

繋がっていたいとか、応援したいと思えるからだと思うんです。

 

そういう人が居なければ、ネットで安く買えば良いますよね。

 

私も、100円でも安く買います。

 

 

世の中には、損得勘定で動く人が沢山居ますけど、

 

そう言う人は、人を信用出来ない。

 

自分と同じように、他人を見るから。。。ですね。

 

結局、いつまで経っても幸せには成れない気がします。

 

 

・・・なんか、話しが逸れてます?

 

まとまってない気がしますけど・・・(汗)

 

 

いつもの事なので、お許しを。。。

 

 

更にまとめると(汗)

 

出来上がってきた、モノを見るんじゃなく、

 

その背景、歴史、ストーリーにフォーカスすれば、

 

安心して使える「モノ」が見つかるかも。って思っています。

 

そこに対価を払う。

 

気持ち良いでしょう(笑)

 

 

んっ、こんな〆でエエのか?


要するに、「人」です「ひと」じゃないでしょうか。


何を信用しますか?

カテゴリ : 美容関連

今日、お客様で化粧品を作っている方、

 

研究室で、注文されたモノの試作品ですね、ソレを作っている方です。

 

色んな原料を混ぜて化粧品とか、シャンプーとか作る現場です。

 

だから、いろいろ教えてもらうんですよ(笑)

 

 

まだまだ新米なのですが、やっぱり毎日現場で働かれている訳ですから、

 

その道のプロですね。

 

で、今日お聞きしたのは、

 

防腐剤のパラベンね。

 

フェノキシエタノールという防腐剤もあるのですが、

 

なぜ、パラベンじゃなく、フェノキシエタノールの使うのか?

 

答えは、パラベンに対してネガティブなイメージを持たれている

 

お客さんが多いからじゃ無いですか?

 

・・・

 

やっぱり、そういう事ですね。

 

 

 

例えば、シャンプーの成分を見て、

 

「このシャンプーは安全だ!」って簡単に言いますが、

 

ハッキリ言って、かなり大まかな事しか分かりません。

 

洗浄力が強いとか、コーティング剤が含まれているので残留するとか、、、。

 

 

料理で言えば、

 

この焼飯は、中華味か、ピラフか、ナシゴレンか?みたいな感じかな?

 

オイスターソースとか、バターとか、ナンプラーとか、

 

何か象徴的な調味料が入っていると分かりますよね。

 

でも、美味しいかどうかまでは分かりません。

 

全く同じ材料、調味料を使っていても、同じ味には成りませんね。

 

配合量が変われば、全く違う味に成ります。

 

コショウを入れ過ぎたり、塩を入れ過ぎただけで食べられなくなりますね。

 

少量ならアクセントになっても、少し多いだけでエグくなります。

 

 

シャンプーも同じような感じだと思っています。

 

成分を見たら、全く同じでも、全く違うシャンプーが出来上がります。

 

そして、全ての人が美味しいという料理が無いのと同じ。

 

コーヒー、砂糖、ミルク

 

この3つのブレンドでも、甘すぎて飲めないコーヒーが出来上がる。

 

表示成分は、多い順に書かれています。

 

液体ですから、この場合、ミルクになりますが、そのあとコーヒー、砂糖だと思いますけど、

 

この3つのブレンドだけでも、無限のコーヒーが出来上がります。

 

それが10種類も、20種類も原料が入っていたら・・・。

 

全く同じ成分でも、全く違う製品が出来上がる事は、容易に理解出来ると思います。

 

 

では、私たちは何を信じれば良いのでしょうか?

 

○分間に○○本売れているシャンプー?

 

ブームに乗った、シリコンフリー?

 

ノンパラベン?

 

 

・・・続きます。

 

 

新型iPad発売

カテゴリ : ETC

本日、アップルの「iPad Air」が発売されました。

 

アップルは、この直前にiPhoneなどの携帯端末のOSバージョンを

 

大々的に変化させて行きました。

 

そして、パソコン用のOSも大幅にバージョンアップし、

 

より便利に、更に連携が強化されたので、iPhoneとMacを使っていらっしゃる方にとっては

 

とっても便利になりますね。

 

ただ、Windowsでしか動作しないビジネスソフトなんかが多いので、

 

なかなかMacオンリーという使い方は出来ないですけど。

 

 

そんな中、今回のiPadの新型、Airですが、薄く、軽く、動作が速いと言う事です。

 

確かに、iPadは重かった。。。

 

アレなら、MacBook Air11インチでも良さそうでしたからね。

 

11月の下旬には、iPad mini の新型が発売されます。

 

Retinaディスプレイになって、こちらも性能アップ。

 

性能は、iPadと同じになりますので、好みで選んで!って事でしょう。

 

そして、来年には、大型ディスプレイのiPhoneが登場するとか。。。

 

私は、mini が良いなぁ~。

 

 

それにしても、Appleは、OSのバージョンアップが無料でした。

 

Windows なんか、バージョンアップごとに数万円。

 

Office も、訳の分からないバージョンアップで、ユーザーが本当に求めているのか?

 

疑問ですね~。

 

マイクロソフトは、アプリケーションのバージョンをあげて行かないと

 

儲からない訳ですから、仕方ないですね。

 

その点、Appleは、ハードとソフトの両方を作っているので、

 

Macというコンピューターに魅力を付けて、

 

シェアが拡大されれば必然的に売り上げが上がる。

 

アプリで儲けなくても、MacやiPhoneなどを連携させて、

 

ユーザーにとって使い易い先進のツールを提供することで、

 

シェアの獲得を狙っているんでしょう。

 

日本ではiPhoneは人気ですから、iPhoneからMacを買う方も多いのでは?

 

 

 

例えば、Windows とAndroidを使っている人は、

 

Microsoft社、パソコンメーカー、Google、スマートフォンメーカーの4社が関わってきます。

 

 

Macと、iPhoneを使っている人は、

 

Apple社の1社のみ。

 

当然、バッテリーの持ちにしても、アプリ間の連携、デバイス間の連携も向上して行く訳です。

 

その結果、より繊細でカスタマイズされていき、洗練されて行って当たり前。

 

この違いかなぁと思います。

 

Googleが、どんどんアプリのバージョンを上げて行っても、

 

スマホのメーカーが追て行けない。

 

そして機種によっては、OSのバージョンが上がっても、バージョンアップ出来ない。

 

もし、出来たとしても不具合が起きたり、非常に重くなったり・・・。

 

 

確かにシェアでは、WindowsがやAndroidの方が圧倒的です。

 

Macを使っていて、Androidスマホを使う人は居ないでしょう。

 

Windowsを使っているけど、iPhoneを使う人は沢山居る。

 

とにかく、iPhoneは日本では一番人気ですから、

 

Macが欲しくなる人は多いのではないでしょうか?

 

WindowsとMacのシェアが逆転する事は無いでしょうけどね。

 

 

今回のMacのOSにしても、良くもまぁ~積極的に変えて来ました(笑)

 

企業のチャレンジしている姿勢がダイレクトに伝わってきます。

 

以前はアンチMacだったし、自作のWindowsパソコンも数十台作っていた私ですが、

 

今はパソコンと言えば、Mac、スマホと言えばiPhone、タブレットはiPad(笑)

 

もう、作る気なんて毛頭無いし、当分はApple製品オンリーでイケそうです。

 

Appleはすごいなぁ~と思った次第です。

 

今欲しいのは、iPad mini のSIM FREE かなぁ~。

 

 

 

本日、アップルの「iPad Air」が発売されました。

 

アップルは、この直前にiPhoneなどの携帯端末のOSバージョンを

 

大々的に変化させて行きました。

 

そして、パソコン用のOSも大幅にバージョンアップし、

 

より便利に、更に連携が強化されたので、iPhoneとMacを使っていらっしゃる方にとっては

 

とっても便利になりますね。

 

ただ、Windowsでしか動作しないビジネスソフトなんかが多いので、

 

なかなかMacオンリーという使い方は出来ないですけど。

 

 

そんな中、今回のiPadの新型、Airですが、薄く、軽く、動作が速いと言う事です。

 

確かに、iPadは重かった。。。

 

アレなら、MacBook Air11インチでも良さそうでしたからね。

 

11月の下旬には、iPad mini の新型が発売されます。

 

Retinaディスプレイになって、こちらも性能アップ。

 

性能は、iPadと同じになりますので、好みで選んで!って事でしょう。

 

そして、来年には、大型ディスプレイのiPhoneが登場するとか。。。

 

私は、mini が良いなぁ~。

 

 

それにしても、Appleは、OSのバージョンアップが無料でした。

 

Windows なんか、バージョンアップごとに数万円。

 

Office も、訳の分からないバージョンアップで、ユーザーが本当に求めているのか?

 

疑問ですね~。

 

マイクロソフトは、アプリケーションのバージョンをあげて行かないと

 

儲からない訳ですから、仕方ないですね。

 

その点、Appleは、ハードとソフトの両方を作っているので、

 

Macというコンピューターに魅力を付けて、

 

シェアが拡大されれば必然的に売り上げが上がる。

 

アプリで儲けなくても、MacやiPhoneなどを連携させて、

 

ユーザーにとって使い易い先進のツールを提供することで、

 

シェアの獲得を狙っているんでしょう。

 

日本ではiPhoneは人気ですから、iPhoneからMacを買う方も多いのでは?

 

 

 

例えば、Windows とAndroidを使っている人は、

 

Microsoft社、パソコンメーカー、Google、スマートフォンメーカーの4社が関わってきます。

 

 

Macと、iPhoneを使っている人は、

 

Apple社の1社のみ。

 

当然、バッテリーの持ちにしても、アプリ間の連携、デバイス間の連携も向上する。

 

その結果、より繊細にカスタマイズされていき、洗練されて行くんですね。

 

この違いかなぁと思います。

 

Googleが、どんどんアプリのバージョンを上げて行っても、

 

スマホのメーカーが追て行けない。

 

そして機種によっては、OSのバージョンが上がっても、バージョンアップ出来ない。

 

もし、出来たとしても不具合が起きたり、非常に重くなったり・・・。

 

 

確かにシェアでは、WindowsがやAndroidの方が圧倒的です。

 

Macを使っていて、Androidスマホを使う人は居ないでしょう。

 

Windowsを使っているけど、iPhoneを使う人は沢山居る。

 

とにかく、iPhoneは日本では一番人気ですから、

 

Macが欲しくなる人は多いのではないでしょうか?

 

WindowsとMacのシェアが逆転する事は無いでしょうけどね。

 

 

今回のMacのOSにしても、良くもまぁ~積極的に変えて来ました(笑)

 

企業のチャレンジしている姿勢がダイレクトに伝わってきます。

 

以前はアンチMacだったし、自作のWindowsパソコンも数十台作っていた私ですが、

 

今はパソコンと言えば、Mac、スマホと言えばiPhone、タブレットはiPad(笑)

 

もう、作る気なんて毛頭無いし、当分はApple製品オンリーでイケそうです。

 

Appleはすごいなぁ~と思った次第です。

 

今欲しいのは、iPad mini のSIM FREE かなぁ~。

 

 

2013-11-01 23:59:00

ハロウィンですね〜

カテゴリ : ETC

今日はハロウィンですね。

 

 

先日、家に帰ると娘が「ゾンビにしようと思ってるねん。」

 

「コレ見て」とゾンビのパソコンで仮装衣装を見せられました。

 

そこで私、

 

「ゾンビは、歩くのも普通に歩いたらアカンし、

 

ずっと"ウゥ~、ヴゥ~"って唸っとかないとアカンねんで、

 

ヴァンパイアの方が可愛いんちゃう?」

 

と、言った事から、ヴァンパイアの仮装衣装を探す事に。。。

 

 

予算は3,000円との事。。。そんなに安くてあるのか?と思っていたのですが、

 

意外と安いのもあったのですが、もう今の時期では売り切れが多いんです。

 

そうこうしているうちに、成り行きで「俺が買ったるわ」という事に(汗)

 

3000円では、なかなか、、、ね。

 

 

Googleで検索して、見つけたのが、

 

私:「コレやったら、ガーターベルトも付いてて、可愛いやん」

 

娘:「ほんまやぁ~、これカワイイ。じゃぁ、キバと、血のりは、私が買うから」

 

 

4,800円に送料が付いて、5千円台で購入。

 

で、2日後に届いたのがコレ。

 

Vampire1 

 

んっ!網タイツが付いていないような?

 

・・・

 

 

しかし、先日も書きましたが、

 

一度、ネットで検索すると「この人は、コレに興味のある人」と記録されてしまいますから、

 

広告のあるサイトを開くと、宣伝の所に「コスプレ」とかに関連した広告が出てきそうです。

 

このオッサンは、女装癖があると思われるかも知れませんね~(汗)

 

 

 

しかし、日本でも最近はハロウィンで盛り上がるようですね。

 

で、今日がコレみたい(笑)

 

Vampire2

 

結構、リアルじゃないですか?

ちなみに、LINEで届いた写真を、私がiPhoneで加工しました。

最近のiPhoneのアプリも性能良くなってきました。


それにしても、面白そう・・・

あと30才・・若ければ。。。(オイ、30って!!って、突っ込んでっ!!)

 

 

チオグリコール酸はパーマ剤?錆び取り?脱毛剤?

カテゴリ : 美容関連

チオグリコール酸」にスポットを当ててみたいと思います。

 

まず、はじめにご存じない方に、簡単な説明を。

 

私たち美容師の間では、「チオ」と呼んでいるパーマ剤の一種です。

 

美容師で、「チオ」を知らない人は居ないハズ?

 

チオグリコール酸は、昔から使われているパーマ剤の成分です。

 

私が美容師を始めた30年前からメインのパーマ剤でした。

 

昔からあるパーマ剤としては、一般的に美容師間では「シス」と言って、

 

システィーンパーマ剤と言うモノもあります。

 

システィーンパーマ剤とは、髪の成分であるシスティンを多く含んだパーマ剤です。

 

今回は、チオグリコール酸についての記事なので、システィーンについてはまたの機会に。

 

亜硫酸(サルファイト)もありますが、これも割愛しまーす。

 

従来からある、パーマ剤の主な物は、「チオ」と「シス」この2種類。

 

 

更に、チオグリコール酸には、

 

チオグリコール酸アンモニウムと、チオグリコール酸モノエタノールアミンなどがあり、

 

アンモニウムの方は揮発性が高いため、ニオイがキツいのが特徴。

 

モノエタノールアミンの方は、揮発性が少ないため、ニオイがマイルド。

 

どちらが傷むか?

 

使い方によりますので一概には言えませんが、

 

理解している美容師が好んで使うのはアンモニウムの方でしょうね。

 

ここに触れるだけで1つの記事になると思われますので、今回は割愛します。

 

同じチオグリコール酸を使った薬剤でも色々あると言う事だけ理解して下さい。

 

 

前述のシスティーンパーマ剤、「シス」というネーミングのパーマ剤でも、

 

ほとんどの製品で「チオグリコール酸」が数パーセント含まれています。

 

システィーンだけでは、パワーが足りない為、そのパワーを補うのに

 

チオグリコール酸を混ぜているんですね。

 

 

 

前置きはこの位いで、やっと今日の本題です。

 

チオグリコール酸は、美容室で使う主たるパーマ剤(縮毛矯正含む)ですが、

 

では、チオグリコール酸とは何だ?

 

業界が変われば、使い方が変わります。

 

チオグリコール酸は、金属のサビ取り剤

 

コレは結構、知っていらっしゃる方も多いかと。

 

還元剤ですから、酸化剤の逆、サビ=酸化ですから、

 

還元剤は、おそらくどれも錆び落としに使えるかも知れませんね。

 

 

そして、やっと今日のメイン、

 

チオグリコール酸は、脱毛剤として使われているんです。

 

革製品を作る時、脱毛する為に使うのがチオグリコール酸なんですよ。

 

衝撃じゃないでしょうか?

 

業界が変われば、同じ薬剤でも全く違う使い方をするもんですね。

 

チオグリコール酸=脱毛剤

 

美容師さん、コレ、知っていましたか?

 

 

お客様の大切な髪、頭皮に、脱毛剤をふりかけているんですよ。

 

濃度の問題かも知れませが、そんなモノをふりかけていたら、

 

だんだん髪が痩せて行っても当たり前じゃないでしょうか?

 

「パーマをかけたら、頭髪が薄くなる」

 

これは間違いじゃないかも知れませんね。

 

頭皮に触れないので大丈夫?

 

いやいや、ショートヘアーのパーマでは、

 

薬剤が頭皮に触れないと言うのは無理でしょう。

 

 

美容師に取っても、経皮毒というリスクがあります。

 

私は30年前、ワインディング(ロット巻き)し過ぎて

 

指の指紋が無くなって、指がすり減って血が出ていました。

 

昔は沢山のロットを巻いてパーマをかけていましたからね。

 

今はそれほどパーマもあてないし、ロット数も減った。

 

更に、肌に優しい薬剤を使っているので全く荒れる事は無くなりましたが。

 

 

別に脅す訳では無いけれど、

 

今やインターネットを使っていくらでも情報が手に入ります。

 

Googleさま、とか、ウィッキーペディアさまがいらっしゃいますから。

 

チオグリコール酸を知っていらっしゃるお客様が、

 

「私に使っているパーマ液を見せて下さい」

 

って言われたらどうします?

 

「私を禿げさせるつもり?」って怒られたりして(笑)

 

 

その他のパーマ剤については、また別の機会にUPさせて頂きます。

 

 

今日、言いたかった事は、

 

[チオグリコール酸]=[パーマ剤]=[サビ取り剤]=[脱毛剤]

 

面白いでしょ?・・・でも無いか(汗)



考え方は色々あって自由なのですが、

「自分が使って欲しく無い薬剤は使わない」

が、私の仕事のベースですので、

私は、チオグリコール酸は一切使っていませんのでご安心を。

 

 

 

ナチュラルハーブカラーを伝えたサロンさんと会合して来ました

カテゴリ : 美容関連

日曜日の夜、2年ほど前に「ナチュラルハーブカラー」を教えさせて頂いた

 

サロンさんとの会食がありました。

 

その後、どうなっているのかなぁ~と楽しみにしておりました。

 

 

4時間以上居たかな?

 

とても良い時間を過ごさせて頂きました。

 

私の感じた事をを少しシェアさせて頂きますね。

 

 

サロンの構成は、3名のスタイリストさん。

 

オーナー、奥さん、スタフさん。

 

オーナーと、奥さんは、対等な立場だと思います。

 

オーナーという呼び方はややこしいので以後、ご主人とさせて頂きますね。

 

 

面白いのは、奥さんの方はナチュラルハーブカラーの良さを実感されていて、

 

彼女のお客様の、ほぼ全てがナチュラルハーブカラーとの事。

 

ご主人は?というと、一般的なチューブタイプのヘアカラーが8割だとか。

 

同時に講習させて頂いて、同じサロンに居ながら、全く考え方が違うんですね。

 

そのお二人が同居出来る事がスゴいなぁと思う訳です。

 

お互いに、尊重し合っていないと難しいですよね。

 

ちなみにスタッフの方のお客様も、ナチュラルハーブカラーがほとんどらしい(笑)

 

2:1で頑張っていらっしゃいます。

 

 

ご主人から、「逆に、チューブタイプのヘアカラー剤の方が優れている点はありませんか?」

 

との質問があったのですが、私の回答は

 

「塗り易い・・・くらいですか?」でした。

 

ん~、発色や、透明感、明度・・・など、考えたのですが、

 

何を取っても、私の知る限り、

 

ナチュラルハーブカラーが劣っている点は見つかりません。

 

一般的なチューブタイプのヘアカラー剤に出来て、

 

BINのナチュラルハーブカラーに出来ない事はありません。

 

その逆の逆、

 

ナチュラルハーブカラーの優れている点は?と言うと、

 

・ダメージが極端に少ない。

 

・刺激が少ない。

 

・施術中もニオイが無く、その後もニオイが残らない。

 

・仕上がりが軽い。

 

・透明感のある仕上がり。

 

こんなにあるんですね。

 

ちなみに、人工的なコーティング剤(シリコンなど)が含まれていないので、

 

ニオイが残らない、仕上がりが軽いんです。

 

 

 

それから、経営者として重要なのがコスト面です。

 

これは重要なデメリットと言えるのかも知れませんね。

 

しかし、お客様が実感出来て、ヘアカラーをされるお客様が増え、

 

更に、そのヘアカラーを求めて新規のお客様が来られるとしたら、

 

全く問題無いと思っています。

 

 

こちらのサロンでは、500円UPというプライスになっているようです。

 

この価格はとても良心的な価格設定だと思いますよ。

 

チューブタイプのヘアカラー剤に対して、

 

材料費の分くらいしかUPされていません。

 

BINでは、ある時、一般的なヘアカラー剤は、

 

ぜーんぶゴミ箱捨ててしまいましたので、選択出来ませんよ~。

 

 

 

それにしても面白いですね。

 

今回は、とても良い勉強をさせて頂きました。

 

同時に伝えても、受け止め方が全く違う。

 

ご主人から何度も出ていた言葉が「昭和の美容師」という言葉。

 

初めて聞きましたが、面白いです。

 

昭和の美容師にどんな意味があるのか分かりませんが、

 

それを言ったら、私の方が遥かに「昭和の美容師」なんですけど。。。

 

「昭和枯れすすき」っていう歌を思い出しました(古っ!)

 

な~んか、懐メロっぽいですね~。

 

ただ、ご主人の仰っている事も一部、理解出来ます。

 

ヘレンカーチスの液体のヘアカラー剤が私のスタートでしたからね。

 

それからチューブタイプになって、今は粉タイプを使っています。

 

過去の価値観も、履歴も知っています。

 

今、考えたら、私の視点でヘアカラー剤の順位は、

 

粉 → 液体 → クリーム

 

かも?

 

今現在、ポピュラーなクリームタイプが最低となります。

 

コレに関しては、また別の記事で。。。

 

 

 

で、お聞きしていて思ったのですが、

 

奥様の「ナチュラルハーブカラー」は、

 まだまだ、進化していけます。

 

納入していたディーラーさんが、サボっていたようで、

 

きちんと伝わっていなかったようです。

 

なので、

 

これからは、直接すべてを伝えて行きたいと思います。

 

ご主人を説得するつもりもありません。

 

何故かと言うと、

 

奥様は、ナチュラルハーブカラーの良さを実感されているので、

 

彼女が更にテクニックを身につけて、自由自在に扱う事が出来たら、

 

その結果、多分、ですよ、たぶん、

 

ご主人の考え方も変わるんじゃないかなぁ~と思います。

 

 

希望的には、それでも一般的なクリームタイプのヘアカラー比率を

 

80%に保ってもらいたい気もしますけど。。。(笑)

 

 

多分、お読みになって下さっていると思うので、、、

 

この場を借りて、ご主人に・・・酒が入っているとは言え、

 

「チューブ野郎」と呼んで、失礼しました(汗)

 

 

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ