Bin-Heart(とある美容室のブログです)
RSS

幸福の木、またもや咲く

カテゴリ : ETC
またもや今年、開花した幸福の木。


何年ぶりでしょう?




この木、花をつける事が非常に珍しいので、


開花する様子を撮影しようと思っていたのですが、


営業中の夕方に咲き出すんです。


翌朝には、全て蕾みに戻っています。


この忙しい時期に・・・。




何とか、30秒間隔でiPhoneで写真を撮って、その写真をムービーにしました。


しかし何度見ても、いつの間にか咲いてしまう。


早送りすると、咲いている様子が分かるんですけど(笑)




まぁ、何にしても「幸福の木」と言うくらいですから、


幸運の、お裾分けを。。。(笑)




来年度、あなたにも幸せが訪れますように。。。



動いてますよ、このフグ。。。

カテゴリ : ETC
忘年会はお済みでしょうか?


先日、友人との忘年会は「河豚(フグ)」の専門店だったのですが、


「焼き」とか、「てっちり」の時に持ってきてくれた切り身・・・


動いてるんですよ~


何度か、てっちりを食べに行った事はありましたが、


こんなに動いてるフグを見るのは初めて。


焼くのに七輪に乗せても動きまくり(汗)




ハッキリ言って「キモい」。




こんな話しをお客様にすると、


「先生、高級なの食べてるんやねー」って言われるのですが、


キモ・皮・テッサ・焼き・唐揚げ・鍋・雑炊・飲み放題


このコースで1人、8,000円でした。


そんなに高くは無いでしょ?




それにしても、どんなサバキ方したら、こんなに動けるんだ?


痙攣か?


なんか、職人を感じる。


見てみたいなぁ~




「ほこ X たて」終了かぁ〜

カテゴリ : ETC
好きな番組で「ほこxたて」と言う物がありました。

それぞれがプライドを賭けて対決する。

観ていて、双方に拍手を送りたい。

そんな番組でしたが、放送中止になったんですね。

ラジコンの対決で、不正があったとか。。。

出演者の方が講義をしたようです。

可哀想なのが、その他の出演者。

本当に対決していたのかも知れないのに、

自分たちの対決まで「やらせ」ではないか?

と、疑われてしまいますよね。


素人で、真剣にプライドを持って仕事をされている方を使って、

結果を偽ったり、面白いように演出したり。

この人たちは何を考えているんでしょう?


確かに、「生放送」なんかを観ると、

いくらベテランの芸人であっても、グダグダになっています。

編集のチカラはスゴいなぁと関心していたのですが、

事実を上手く編集して欲しかった。

対戦しても居ない相手だったり、出演者の方が怒っても当たり前でしょう。


この件では、出演者の方にも誹謗中傷があるようです。

私、思うのですが、インターネットを通じて、チカラのある企業や、

組織を批判するのは仕方無いとしても、

素人の一般人をターゲットにしないで欲しい。

それも実名を隠してね。

個人を攻撃するのなら、少なくとも自分を公表するべきでしょう。

アンフェアだと思いますよ。


それにしても、残念です。

暴露した方は、その前に忠告していたようなんですが、

聞き入れてもらえなかったようです。



この件だけではないのですが、「ナメてる」って言葉が当てはまると思うんです。

どんなことが起きても、私が思うのは「ナメてた」って反省なんです。

出演者の声を無視して放送した結果、放送中止。

更に、関西テレビに対しての信頼の低下。


今まで当たり前のようにしてきた事が、通用しなくなって来たようですね。

多分、自分の行動も、思考も変えなきゃいけないんだと思います。

批判する事は簡単ですが、自分に置き換えた時、

ありがたい事に、気付かせてもらっているんでしょうね。

「対岸の火事」じゃ無いんだと思います。


BINも、22歳になりました

カテゴリ : ETC

食品の偽装問題で話題になっていましたね。

 

ひとつのホテルを皮切りに、私も、私も・・・と(笑)

 

どさくさにまぎれてしまった方が良いだろう!と言う事でしょう。

 

 

まぁ、良く無い事ではありますし、それなりの料金を頂いている訳ですから、

 

襟を正して頂きたいと思います。

 

 

しかし、エビが何エビだろうと、食べても分からないモンらしい。

 

調理する人が一流なら、食材の欠点を補った料理をされるでしょう。

 

一流ホテルのレストランで食事をする時、実際の料理だけじゃなく、

 

雰囲気、空気、サービス、器、フォーク、ライト・・・

 

それらが全て料金に入っている訳ですから、

 

考えてみたら、エビの種類なんて微々たるモノだと思うんです。

 

多くの要素の、ひとつだけをとりあげて「許せない」「騙された」と

 

怒るのは、いかがなものか?と思うんです。

 

 

まぁ、社長の会見も潔く無かったですけど。

 

社長からすると、ハッキリ言って「タイミングが悪かっただけ」でしょうけどね。

 

なんでオレの時に・・・でしょう。

 

誤標記なんて、国民の誰ひとり思ってない訳で、

 

潔く、「自分の管理が甘かった。以後、改めます。」と辞めれば良かったのに。

 

大きな会社がバックにあるので、そうは言えなかったのでしょう。

 

 

私たち美容師は、失敗する事もあります。

 

薬剤が合わなかったので、髪に大きなダメージを与える事も。

 

最近、ご新規のお客様の担当をさせて頂く事も多くなったのですが、

 

ひどい状態の方が多いんです。

 

死んでいる髪

 

どのような状態化と言うと、

 

濡れたら、へにゃへにゃで、淡くとグシュグシュ、バリバリ。

 

ブローなんて出来る状態じゃありません。

 

その状態を、クセが伸びていないと勘違いされて、

 

もう一度、そのサロンへ行くと、もう一回縮毛矯正をされた。

 

結果は言うまでも無く・・・。

 

 

あくまでも私の経験ですが、そういう残念な結果に成ってしまった時は、

 

素直に謝って、改善させてもらえるように施術し、料金をお返しする。

 

そして、何度でもトリートメントにお越し頂くとか、誠意のある対応をすると、

 

より深く、長くお付き合い頂く事が多いです。

 

 

失敗は無いに越した事は無いのですが、絶対という言葉は存在しませんからね。

 

失敗も、「過ぎる」失敗と、「足りない」失敗があります。

 

私は失敗するなら、「足りない」失敗を心がけています。

 

パーマがあたり足りない、縮毛矯正が伸び足りない。

 

こちらは、やり直せば良い訳です。

 

「出来るだけ傷めないで、パーフェクトなデザインを目指す。」

 

 

髪は、傷めたら元には戻りませんからね。

 

 

ただ、ご新規のお客様で、そういう状態の方がお見えになった時、

 

「どこで?」とは絶対に聞きません。

 

明日は我が身かも知れませんし、全く興味がありませんから。

 

そんな事を考えるより、

 

目の前のお客様がどうやったら簡単にスタイルを作れるようになるか?

 

そちらに全力を尽くしたいと思います。

 

 

偽装問題から、色々考えさせられました。

 

今日は、BINの22歳の誕生日です。

 

お一人おひとりと、向き合って・・・

 

これからも、正直に、更に精進出来るよう努めて行きたいと思います。

 

 

 

2013-11-10 16:45:57

パーマの種類・・・今はコレがベスト

カテゴリ : 美容関連

パーマ剤・カーリング剤の種類には色々あります。

 

パーマ剤は医薬部外品で、カーリング剤は化粧品登録になります。

 

チオグリコール酸(医薬部外品)、

 

システィーン(医薬部外品)、

 

亜硫酸[サルファイト](化粧品類)、

 

システアミン(化粧品類)、

 

チオグリセリン(化粧品類)、

 

ラクトンチオール(化粧品類)、

 

・・・

 

大別して、医薬部外品と化粧品とに分かれますが、

 

化粧品だからダメージが少ない訳ではありませんよ~。

 

私は、以前、そんな風に考えていました。

 

pHが中性で、キューティクルをコジ開けずに作用するので、

 

髪は傷まないかと。。。思っていたし、

 

ホームページでも、そんな風に書いた覚えがあります。

 

・・・書き直さねば・・・(汗)

 

 

 

薬剤の持つ作用について、

 

メリット、デメリット、作用、副作用などという言い方をしますが、

 

視点を変えたらメリットもデメリットになるし、作用も副作用になります。

 

重要な点は、

 

実は、薬剤には作用しか無いと言う事です。

 

チオグリコール酸でいうと、

 

・還元作用がある

 

・ダメージを与える

 

・サビを落とす

 

・脱毛

 

の、作用があると言う事です。

 

使い手が、それを理解して使えば良い事です。

 

だって、使う側からすると、パーマネントウェーブをあてる。

 

動物の毛を脱毛する。

 

二つとも作用ですからね。

 

決して、副作用を利用して仕事をされている訳じゃありません。

 

 

服用する薬も同じです。

 

全てが作用だと認識した上で考えた方が分かり易いと思います。

 

ガンには効くけれど、髪の毛が抜けて目から血が出る。

 

逆の言い方をすると、

 

目から血が出るけれど、ガンには効く。

 

同じ意味ですが、どちらを先に持って来るかでニュアンスが大きく変わるモンです。

 

また、脱線してしまいましたか?

 

 

 

話しを戻すと、

 

化粧品類だから安全では無いと言う事です。

 

システアミン・ラクトンチオール・・・粒子が細かいらしい。

 

だから、キューティクルをコジ開けずに内部に潜入する事が出来ます。

 

が、内部組織を壊している節があります。

 

私の経験上、お客様の経過を見ていると、そう感じました。

 

繰り返していると、だんだん傷んで来るんですね。

 

 

それに、美容師の手の内部にまで潜入して来ます。

 

自然界の物じゃなく、分子が細かいらしいので、

 

肌のバリアをすり抜けて行くようです。

 

指がいつまでも臭いし、指が腫れる。

 

グローブをしていても、グローブさえ通り抜けて来る。

 

浸透力が強いという言い方も出来ますけどね。

 

忙しい時、手袋をちょっとサボったら、手が全体的に浮腫みます。

 

 

以前、チオグリコール酸での縮毛矯正が多かった時、

 

私の指の爪は剥がれて、爪の半分くらいまで隙間が空いていました。

 

その間に小さな髪の毛が入り込んで、取り除くのに苦労した覚えがあります。

 

 

システアミンという化粧品類の薬剤。

 

表示種別は、トリートメントなんかだったりします。

 

それにしても異常にクサい。

 

濡れると、きついニオイを発します。

 

結構、いつまでも。。。

 

この薬剤を使った縮毛矯正をしていた時は、

 

お客様に申し訳なくって(汗)

 

しかし、チオグリコール酸のダメージに比べたら、当時は良かったんですよね~。

 

 

髪質によっても残留するニオイの度合いも違いますが、

 

このニオイを除去する商品を見つけたのですが、

 

廃盤に成っていました、、、というか会社が無くなってた?

 

 

パーマの行程では、還元・酸化という作用を使っているのですが、

 

システアミンやラクトンチオールは、分子が細かすぎて、

 

内部まで浸透するのですが、酸化させる薬剤(2剤)の分子は、

 

そこまで細かく無いので、

 

内部に薬剤が残ってしまう事が、ニオイの元らしいです。

 

いわゆる、残留ですね。

 

ニオイが残る=残留

 

ヘアカラーにしても、パーマにしても、

 

しばらくニオイが残っていると言う事は、残留している。

 

と考えて良いかと思います。

 

 

 

要するに、化粧品類だからといって、髪を傷めない訳じゃありません。

 

逆に、もっと危険な部分もあると言う事です。

 

システアミンなどは、アレルギーを引き起こす原因にもなるようですし。

 

ただ、細かい理論は、製造メーカーも良く分かっていない。

 

というのが実状だと思います。

 

弊害は、長い年月をかけて、後から出て来るモンですからね。

 

 

更に、私の美容師としての意見ですが、

 

カーリング剤(システアミンやラクトンチオール)であてたパーマはエグい。

 

柔らかな、自然なカールではなく、融通の効かない、不自然なカールになってしまいます。

 

私が求める自然な、「柔らかさ」と「優しさ」を求めると、

 

今は、カーリング剤に魅力を感じません。

 

・・・

 

今、現在の結論では、

 

システアミンは、完全アウト。

 

チオグリコール酸は、余程の事が無い限り使いたく無い。

 

実際、1年くらい使っていません。

 

ラクトンチオールは、縮毛矯正では有りだったんですが、今は使いたく無いかなぁ。

 

残るは、システィーンと、サルファイトですが、

 

私は、システィーンがベストだと思っています。

 

「進化したシスティーンパーマ剤」

 

pHが高いという特徴がありますが、pHさえコントロールすれば、

 

ダメージも極少なく、弾力のあるキレイなウェーブが得られます。

 

上手く行けば、柔らかく、優しいのにしっかりしたカール。

 

上手く行かなかった時は、私のミスだと思えます。

 

決して、薬剤のせいじゃない。

 

それほど信頼出来る「シス」に出会う事が出来ました。

 

パーマが楽しくなりました。

 

この薬剤を作られた方は亡くなりましたが、

 

ありがとうございました!!

 

届くかなぁ~?

 

前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ