Bin-Heart(とある美容室のブログです)
RSS

あなた以上にすごい人は居ません。(1)

カテゴリ : ETC
氣が付けば、1ヶ月が過ぎているんですね。
私は、この間、10年も20年も経った氣がします。
時間の感覚なんて、いい加減なものですね。
只今、劇的な変化が起きています。
人生って、ホント面白いなぁ〜って、つくづく思います。
で、今日はたまたま書いたので、アップさせて頂きますね。
 
 
「あなた以上にすごい人は居ません。」

 
人は、それぞれの宇宙を持っています。
100人居れば、100通りの宇宙があります。
 
その事に少し触れておきますと、
人間は、自分が認識するモノしか見えません。
だからね、見えるものは人それぞれなんです。
全く同じものを見ていると言うことは無いと言い切れます。
視点が違う。
だから、他人に何かを伝えようとしても、100%伝わることはありません。
はじめから、伝わらない事を前提で話すのか?
分かって貰えるという前提で話すのか?
大きな違いがあります。
 
伝わらない前提の場合、
どうせ伝わらないんだから。
人それぞれの受け取り方があるんだから。
どこにフォーカスするかは、人それぞれだから。
・・・
相手の反応は氣になりません。
どう受け止めるかは、私の領域ではありません。
結果
氣楽に話せますよね。
 
分かって貰える前提の場合、
どのように話せば分かるのか?
自分は、何を伝えたいのか?
その事が、相手にどういう影響をあたえるのか?
自分は、どう見られたいのか?
・・・
相手に合わせて話をしようと努めます。
相手のレベルを自分が決めます。
相手の反応が氣になります。
伝わっていないと感じた場合、
自分の何が悪かったのか?
なぜ、ここまで言ってもわからないのか?
結果
疲れる、自己嫌悪、場合によってはムカつく。
 
あなたは、どちらを選択しますか?
 
 
そもそもね、
自分の価値観が、相手にとって良いと思い込んでいるんです。
あなたにとって良いことが、他人にとって良いとは限りません。
あなたは、愛を持って、本当にその人に良くなってもらおうと
一生懸命なのかも知れませんが、
彼や、彼女の人生にとっては必要ない事かも知れません。
あなたは、他の人から見ると、タダの端役であって、エキストラの一人にすぎないんです。
あなたが何かを与える事なんて出来ないんですよ。
それは、受けて次第ですから。
 
与えようとしている人に限って、
○○してやったのに。。。
とか、
コレだけ私はあなたの事を思っているのに。。。
と、対価を求めています。
 
だ・か・ら、
偽(いつわり)と言う字は、
人の為って書くんですね。
 
今日は、ここまで^^
また、氣が向いたら書きます。
 
ありがとうございました。


2015-09-20 02:13:05 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください