Bin-Heart(とある美容室のブログです)
RSS

技術セミナーをさせて頂きました

カテゴリ : 美容関連
毎日が非常に濃い内容で、時間に追われていたので更新できませんでした。
最近、毎日すごい日々です。
全部書いてしまうと本になりそうなので、ちょっとづつシェアさせていただきますね。


まず、この前の14日の火曜日、店で技術講習させていただきました。
顔ぶれは、近所のお店のオーナーたち。
彼らとは、たまに会って呑んだくれてる仲間なんですが、
この前の会の時は、参加者が一番少なかったんですね。
で、いつものように呑んだくれてる時、なんだか技術の話になって、
「あっオレ、ドライカットで日本1やで。。。Google検索で ^^;」
「あっ、ホンマや、2位も。。。」
「セミナーしようか?」
と言ったら、「して下さい」という流れで、
「じゃぁ、カットも、カラーも全部やったげる~。」
とのことで、技術セミナー開催決定!


日曜日から神戸、淡路島と、クタクタでしたが、やりだすと調子に乗って、
ブロー、ドライカット、ナチュラルハーブカラー、純シスのパーマと、
結局、全部やっちゃいました。
集まってくれたのは、8店舗ほどのオーナーと、
八木ちゃんところのスタッフ全員で、20名くらい。


多分、詰め込みすぎで、難しかったかも知れませんが、
基本的にオーナーたちをメインにさせていただきましたから大丈夫かな。




ところで、なんでこんな事したの?って思われるかも知れませんね。
普通なら、競合店、ライバルにあたる同じ商圏です。
富田林、三日市、河内長野、狭山、、、、
見事に近所ですね~。
答えは、きっと「やりたかった」んです。
職人とかって、本能的に「教えたい、伝えたい」っていう願望があるんだと思うんです。
相手がどなたであろうと「教わりたい」って言ってくれたら「じゃぁ~」ってなるもんじゃないでしょうか。
それに、311の震災の時、自分が流されてたら「自分が作ったカラーは消滅してしまうなぁ、勿体無い。」
と思った事もありますし、
もし、自分の身に何か合った時、ウチのお客さん困るだろうな~と、気になっていました。
ちょっと、特殊なヘアカラーをさせて頂いているので、誰も同じことが出来ない。
遠くのお店だと、通えない。
近くで同じヘアカラーをして下さるサロンがあれば助かりますからね。
ついでに、ドライカットも習得してくれたら良いんだけど ^^




間違わないでくださいね。
お客さんの事を思ってエライとかじゃないんですよ。
そんなにエライ人間じゃないです。
最初に書きましたが「やりたかった」ってのが全てです。
殆どの場合、理由は後からなんです。
「やりたい」っていう衝動があって、考えたら、
以前、こういうことを考えてたとか、お客様が、、、とか、
今はシェアの時代で、奪い合う時代は終わっています、、、とか、
後付で正当な理由が出てくるんじゃないかな?


たまたま、その場の雰囲気、空気、その場に居合わせた仲間が好きだった、
そんな「場」だから決まったことで、そんなモンだと思います。
結局は、全部自分の為にやってる事なんですよ。




以前から、数店舗のオーナーにはヘアカラーとか、パーマとか、縮毛矯正とか、
伝えさせて頂いて、みなさん喜ばれ、何と言ってもお客様が喜ばれます。
それが嬉しかったのですが、
今回は、身近な仲間だったので、
ブローやドライカットまで遠慮なくさせて頂いた結果、
感謝されたり、喜んでもらったり、クセになるかも。。。って感じです。




ただね、今回とても良かったのは、八木ちゃんのところのスタッフが
全員参加してくれたことです。
八木ちゃんは、もちろん強制していないし、軽く伝えただけだったけれど、
予定を入れていたスタッフもあったようですが、全員自主的に集まってくれたそうです。
素晴らしいですね。
何が素晴らしいって、スタッフもですが、オーナーの八木ちゃん。
近所のサロンで技術セミナーですよ。
並みのオーナーなら、
ひょっとしたらウチのスタッフ、そっちに行きたいって言い出すかも知れない。
そんなことになると困る。。。って思うモンなんですよ。


案の定、その後の飲み会で、
「オレ、あの子欲しい」って発言もありました ^^
 オイオイ、花いちもんめか~(ツッコミです)
もちろん、冗談で言ってるんですけど、
「もし、そうなら、それでもエエと思って。」と八木ちゃん。
何でもそうですけど、初めてのことをやるには、
する方も、受ける方も「覚悟」って必要なんだと思います。
こういう太っ腹なオーナーだから、スタッフも信頼して従いてきているんですね。
逆に、勉強させて頂いております。
そして、あの日の素晴らしい空気、場が生まれました。


セミナーを始める前にお伝えしたことがあります。
「覚えようとか、勉強しようとかじゃなくて、この「場」に居ることが全てです。
ちゃんと潜在意識が覚えていますので、必要な時に出てきますし、?と思っても、
あとで繋がるものですから、この場を楽しんで下さい。」
・・・的な ^^; 確か ^^; 。。。
そして、とても澄んだ場が生まれました。
その場は、あの日、あの時にしか生まれない場なんですね。
「場」が全てで、一瞬、一瞬の刻が全てです。
きっと、みなさん「場」を持って帰ってくださっていると思います。


あの日、参加して下さった皆さんに、本当に感謝です。
ありがとうございました。




2015-07-16 21:40:42 | コメント(1)

コメント

こちらこそありがとうございました。
みんなとても刺激になって新しい風が吹いています。

カラーもパーマも材料そろえて準備中です。

これからもよろしくお願いします。
Commented by 八木広樹 at 2015-08-23 00:06:04 削除

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください