Bin-Heart(とある美容室のブログです)
RSS

言いすぎたかなぁ?

カテゴリ : 美容関連
先日、ディーラーの新米の子が新しいシャンプー&トリートメントを紹介してくれました。
一生懸命、覚えたんであろう説明を上手にやってくれました。

だからこそ、言ってしまいました。
「あんなぁ~、もっと勉強しいやっ!」って。
(・_・;)?


「メーカーから下りて来た情報を上手くしゃべろうとする努力より、
その情報は本当か?
このサロンが必要としている情報か?
自分のものにして、伝えなければ無駄な努力になってしまいます。


今回のモノは、ウチには全く必要の無いモノ。

なぜか?
少し触れさせて頂くと、"ラウレス硫酸ナトリウム"。
このシャンプーの元になっている界面活性剤です。
こんなモノ、一般に販売されているシャンプーと同じなんですね。
安価な界面活性剤です。

説明では、
アルガンオイルや、ボタンエキスなど、いま流行の成分を含有しており、
ペーハーコントロールで、等電点に・・・
ヘアカラーで傷んだ髪を・・・
など、上手に記憶を読んでいました。
シャンプー成分

界面活性剤の事を突っ込むと、
「だから、この価格で提供できるんです」的な返答。

アカンやん。
シャンプーは、どれだけ傷めず洗い上げるか?
私は、シャンプーは多かれ少なかれ、傷めるものだと思っています。
それなら出来るだけ傷めないで・・・。
毎日シャンプーする必要も無いと思っています。
この事は、また別の機会に。。。。

そこは妥協したらアカンところだと思うんです。
じゃぁ、このシャンプー、どんな目的で作ったのでしょう?
売る為に良いとこ取り?
そうとしか思えないんですね。


ヘアカラーは傷むもの。
その前提が気に入りません。

現に、ウチのサロンで扱っているヘアカラー剤は、通常のサロンや、
ましてや一般に販売されているヘアカラーとは比べるのも嫌です。
その違いは、誰よりお客様が知っています。

どの分野でも、一番重要なのは、傷めない事。
しかし、美容を楽しむという点では、
デザイン性も必要だと思っています。


ヘアカラーで傷めて、シャンプーで傷めて、極めはトリートメントで傷める。

ヘアカラーで出来るだけ傷めないで、シャンプーで出来るだけ傷めない。
トリートメントなんて、どうでも良いと認識している人間に、
この商品の紹介は無いでしょう。


受け売りはいけません。
少なくとも、自分が納得して理解して、
自分の言葉で説明できるようになるまで
アウトプットはすべきじゃ無いと思います。
曖昧な事は、「・・・らしい」と言う言い方で。
分らない事を、さも分ったように発言すれば、信用が無くなります。


営業中だったので、時間も無く、先輩も同伴していたので
あまり深くは言えませんでしたが、
同じ勉強をするなら、成分を調べ、疑問に思う事はメーカーに問合せ、
この商品なら、このサロンに紹介しよう。
と、いう事なら勉強も活きて来ますし、喜ばれもするでしょう。
求めている人に、必要な情報を。

ただ、メーカーからの情報を伝えるだけでは、
折角勉強するんだから勿体無いと思ったもので。。。

そう言う意味を込めて
「あんなぁ~、もっと勉強しいやっ!」
って言ってしまいました。
ちょっとキツかったかなぁ(-_-;)


ラウレス硫酸ナトリウムが悪いとは言っていません。
ただ、そんなシャンプーは私は一度だって使いたくないし、
プロが販売する必要が無いと思うんです。
市販のシャンプーと変らないものを。


歯磨きにだって使っている界面活性剤なのに、
シャンプーに使って何が悪いの?
と、突っ込まれそうですが、その話は又の機会に。
また、めっちゃ長くなりそうだから・・・(^^;)
 
 

2012-09-22 23:56:00 | コメント(1)

コメント

Pretty element of content. I just stumbled upon your site and in accession capital to assert that I get actually loved account your blog posts. Any way I will be subscribing to your feeds or even I fulfillment you get admission to constantly fast.
basket isabel marant
Commented by basket isabel marant at 2013-04-23 04:27:32 削除

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください